男性にモテるメルテクを知りたい女性に

好きを伝えるメール術

スポンサーリンク

直接大好きな彼の目を見て話すと、想ったように自分の気持ちは伝えることが出来ないものです。

 

好きなのに、そうではないフリをしてみたり、緊張をして話そうと思ったこととは違う話をしてみたり。

 

そんな恋愛が苦手な方には、メールをうまく使うという、小悪魔的なテクニックがあります。


極端な話、直接会って、お礼の気持ちや感謝の気持ち、そしてストレートな好きという気持ちを伝えることは難しいものです。

 

けれどもメールであれば、相手の顔を見ない分だけ、落ち着いて冷静に、自分の言葉を選んで伝えることができます。

 

絵文字の種類も豊富にあるため、ハートやキラキラ、飛行機や車、悲しい、嬉しいなど感情表現も自由におこなっていくことが出来ます。

 

自由な表現が出来るメールですが、タブーな内容もあります。

スポンサーリンク

一般的に言われることですが、相手を誹謗、中傷する内容は極力避けましょう。

 

彼のことでなくても、友達の悪口や会社の悪口など、ネガティブな内容は、相手にマイナスの印象を与えてしまいます。

 

顔や表情がきちんと見えない分、読みようによっては、誤解をされてしまう可能性があります。


できるだけ、文言はポジティブなもの、読んでいる相手が思わず楽しい気持ちになるのが、良い内容です。

 

文言に自信の無い方は、思いつきを送信するのではなく、一度作った内容を読み返して、おかしいところは推敲してから、送信すると、より一層、間違いの無い文言が送れるようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加