相手に質問させるメールテクニックは効果的

スポンサーリンク

最近では、プライベートな付き合いのある人とのやり取りが、携帯電話での通話よりもメールの方が多いという方が増えています。
それは、メールなら相手の都合を気にすることなく手軽にやり取りすることが可能で便利だからかも知れません。
ですから、携帯メールは無くてはならない存在になってきているのでしょう。


このような存在ですから、気になる男性やお付き合いしている男性と親密な関係になるためのツールとしてもメールは活用できるといえるでしょう。
しかし男性の傾向として、「文字を打つのが面倒」「電話した方が話が早い」などの理由からメールを嫌うことがあります。
女性にとって便利なツールでも、男性にとっては面倒なこともあるのです。
この男性と女性との考え方の違いにより、メールで一喜一憂する女性も多いことでしょう。

スポンサーリンク

では、そんな男性とメールを続け親密な関係に発展させたいと考えるなら、どのようなことに注意してメールすると良いのでしょう。
一般的には「質問する」という手段がコツのひとつとしてあります。
しかし、メールが面倒と考えている男性なら、質問をすることで相手が疲れてしまう可能性もあるのです。
つまり、逆効果になってしまうことも考えられます。


そこで、おすすめしたいのが「相手が質問したくなるメールの内容を考える」ということです。
例えば、「こんな料理に挑戦して大成功だったよ」などという感じです。
これなら「どんな味なんだろう?」「料理が好きなのかな?」など、気になってメールを返信したくなるでしょうし、関係も急接近するのではないでしょうか?
相手に質問させるメールテクニックを試してみては如何です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加