自分の名前をメールの最初と最後でアピール

スポンサーリンク

皆さんは、メールタイトルに自分の名前を入れていますか?
これは、モテる女性のメールテクニックのひとつといえるのです。
それと共に、メール本文の最初と最後の2箇所に、自分の名前を入れましょう。
単純に、いきなりメールを開封された時でも、送信相手が分かりやすくするためという理由があります。
しかし本当の理由は、最初と最後の2箇所で自分の名前をアピールすることで、男性に対して強い印象を与えるためなのです。


迷惑メールも多いので、タイトルを見ずに受信したメールをいきなり開封する人は少ないでしょう。
ですから、メールタイトルを含めると3箇所で自分の名前をアピールすることになるのです。
そうすることで、男性は確実にあなたからのメールであることを認識しますし、強い印象を抱いたままメールの内容を読むことになるのです。
この効果は大きいといえるでしょう。

スポンサーリンク

実際に名前を入れる場所は、メール本文の最初と最後といいましたが、具体的な例を挙げてみましょう。
まず最初ですが、単に「お疲れ様です」から始まるのではなく、「○○○○です。お疲れ様です」と始まるようにします。
また、「おはよう」で始まるようなら、「○○だよ。おはよう」という感じで始まるようにするのです。
あとは、いつもと同じように自由にメール本文を打ち込んでかまいません。


そして、最後にも「○○○○より」とか、「○○でした。またね」とか、もう一度自分の名前を入れ送信しましょう。
男性との関係の深さで、自分なりに工夫して名前をアピールしてみると良いでしょう。
このように自分の名前をアピールしたメールを、数回やり取りをすれば強い印象で男性の脳裏に焼き付くでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加