ポジティブワードを使おう

スポンサーリンク

メールをするときに限らず、また、男性に対してにも限りませんが、どうせなら、楽しくコミュニケーションを取りたいものです。
メールをするときに、相手を暗くさせてしまうメールやお互いに暗くなってしまうようなメールはよくありません。


メールの文面に、嫌いな人のことや、「疲れた」「だるい」「めんどくさい」などのネガティブな言葉が入っていると、それをみた相手の男性はどう思うでしょうか。
なんとも思わない男性もいるかもしれませんが、多くの場合、少なくとも、よい印象を抱くものではないでしょう。
人間は、何か言葉をみたり、聞いたりすると、無意識のうちに、そのことばに連想させられて、その状態をイメージしてしまうことがあります。

スポンサーリンク

ネガティブな言葉を見ると、やはり、ネガティブな気分になってしまうことはしかたがないことなのです。
それならば、それを逆手にとって、逆に、ポジティブな言葉をメールに取り入れるようにしましょう。
ポジティブな言葉といえば、
「好き」「楽しい」「おいしい」「おもしろい」などそういった物があると思います。


たとえば、「この前みた映画が楽しかった」
「この前食べたお店の食事がおいしかった」
「この前のデート、とっても楽しかった」などなど、
プラスの感情を伴う会話をするほうが楽しいはずなのです。
一緒にいて、楽しい気持ちになれる相手をパートナーに選びたいのが人情です。
落としたい男性がいる女性は、相手の男性を楽しい気持ちにさせるようなメールをすることをいつも心がけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加