「文字の表情」を意識すること

スポンサーリンク

男性に対してメールを送る際に、「文字の表情」を考えて送っていますか?
実は、意外と気づかない点なのですが、「文字の表情」というのがちゃんとあるのです。
例えば、「好き」という文字ですが、漢字で「好き」と表現するのと、カタカナで「スキ」と表現するのとでは、相手に与える印象が違ってくるものなのです。
一概に断定することはできませんが、漢字で表現すると真剣な感じに伝わったり、気持ちがストレートに伝わったりするのです。
一方、カタカナで表現すると、気持ちを少しライトな感じで伝えることができるのです。


男性を虜にする恋メールでは、適度な絵文字の活用は常識といえますが、このように文字に工夫を少し加えてみるのも効果的なメールテクニックになるのです。
「あなたが好きです」と「あなたがスキです」では、相手の感じ方や受け取り方が違うことを意識してみましょう。
この使い分けによって、男性を虜にすることも可能になるのです。

スポンサーリンク

ただし、漢字が適しているということではありません。
カタカナ表現の方が、本音をオブラードに優しく包んだ感じで伝えられ、漢字とはひと味違った効果もあるのです。
つまり、漢字にしてもカタカナにしても、いくつかの表情があるということです。
ですから、「漢字は真剣さが伝わる」「カタカナは軽い感じ」とは、一概にいえない時もあるということです。


変に漢字で表現することで、固く重たいイメージを与えてしまい逆効果になってしまうことも考えられます。
カタカナで軽く表現することで、逆に意識してもらえる可能性もあるのです。
漢字とカタカナの「文字の表情」を意識することは、男性を虜にするメールテクニックのひとつといえます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加