「メールは文章」ということを意識する

スポンサーリンク

もしかしたら、「容姿に自信がない女性は、男性に振り向いてもらえない」とか、「興味を示さない男性を振り向かせるのは無理」と認識していませんか?
しかし、その認識は間違っているかも知れません。
男性を虜にするメールテクニックを知っていると、メールだけで気になる男性を虜にすることも可能かも知れません。


ところで、いつもどのようなメールをしていますか?
「絵文字たっぷりで長文のメール」「質問だらけのメール」「男性の生活サイクルを知ろうとするメール」「返信を促すメール」ではないですか?
実は、女性と違って男性はメールを単に連絡方法のひとつと考えていることが多いです。
ですから、このようなメールが送られてくることを嫌うのです。

スポンサーリンク

では、具体的にどうすれば良いのかというと、先に述べたようなメールを送らないというのがポイントになります。
その上で、メールだけが持つ特性を上手に活用してメールを送るのです。
では、メールだけが持つ特性というのは何なのかというと、当たり前のことですが「文章」ということです。


つまり、文章で男性心理を上手に操作して、男性を虜にすることができるということです。
面と向かった会話では、上手い言葉で話をすることがなかなか難しいことがあります。
しかし、文章なら言葉と違って何度でも添削が可能ですし、本来伝えたい話や思いを上手に届けることが可能になるのです。
「メールは文章」ということを意識するだけで、メールを一味も二味も違った感じで活用ができることでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加