メールが嫌いな男性とのコミュニケーション

スポンサーリンク

今では誰もが携帯電話を持っている時代ですから、メールは手軽なコミュニケーションツールとして活躍します。
しかし、誰でもメールが好きというわけではなく、中にはメールが嫌いという人もいるのです。
あなたの回りにもそんな人がいるのではないでしょうか?
ただ、それが気になる男性では困ってしまうことでしょう。


一概にはいえませんが、「メールを打つのが面倒」「電話の方が手間が省ける」「文字にするのが苦手」などの理由でメールを嫌う男性は多いものです。
基本的にコミュニケーションツールではなく、単なる情報伝達程度にしか考えていないのです。
では、そのような男性に対して、どのようなメールテクニックを利用すれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

このような男性には、意味のない「雑談メール」「冗談メール」「自分の日記メール」などは避けるべきです。
このようなメールは、そんな男性にとって「うっとうしい」「面倒くさい」といった迷惑メールに感じられてしまうのです。
ですから、メールの内容に注意することが大切になってくるのです。


しかし、重要な内容が詰まったメールならば良いのかというと、一概にそうともいう訳ではないのです。
つまり、そのような男性は「自分に返信の必要が無い」と感じると絶対に返信をしないものなのです。
ですから、男性が負担なく返事しやすい内容で要件が明確にする必要があるのです。
そう考えると疑問系でメールするのもひとつの手段といえるでしょう。
このようにして、徐々にメール交換が気楽で簡単なものと感じさせ、コミュニケーションを取って近づくようにしましょう。
ただし、限度を考慮する必要は当然あります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加