メールに現れる男性の心理や本音

スポンサーリンク

現代の恋愛に欠かせないツールであるメールですが、他のコミュニケーションとは異なるとくちょうを備えています。
メールというものは、面と向かってするものでありません。
相手の顔が見えないのが通常です。


面と向かって話をしないぶん、メールには、男性の本音や本心が現れやすいと考えています。
もし、相手の男性が、女性にたいして、好意を全く持っていなければ、メールが短文であったり、絵文字や顔文字、デコメなども少なく、てぬきな感じのメールが返信されて来ることもあるでしょう。

スポンサーリンク

また、「返信するのめんどくさい」と思って、メールの返事を後回しにして、そのまま返信を忘れてしまうような男性もいるでしょう。
男性は、基本的に、メールをめんどくさいと感じてしまっていることが多いようです。
ですから、もし、メールの返信が短文だとか返信がおそいとか、絵文字などがないなどということがあっても、それで当たり前なのです。
別に嫌われているとういことではありません。


しかし、男性が相手の女性を気に入っている、落としたいと思っているような場合、メールでの反応も違ったものになることがあります。
相手の男性から、疑問形式のメールや絵文字の多いメールが来るということは、女性とのメールを続けたいということの現れですから、本当にただ単にメールが好きなだけという一部の男性をのぞき、そのような状態になれば、その男性にはあるていど脈があると考えてよいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加