「共感」よりも「小悪魔」が好まれるかも?

スポンサーリンク

メールなどのコミュニケーションで重要なポイントのひとつに、「相手との共感」ということがあります。
ですから、もし反対意見をいってしまうと、価値観が合わない人と思われて、コミュニケーションをとることができなくなる可能性があります。
そのため、良くないことと知っていても、時にはウソでも共感をアピールすることもあるかも知れません。
誰でも反発されるよりも共感してもらった方が親密になれると思うことでしょう。


しかし、男女の恋愛では一概に大切だとはいえなく、多少の違いが出てくることもあるのです。
ですから、仲間や同僚との関係と同じに考えることは、できないことを理解しておくことも大切かも知れません。
全てではないでしょうが、女性は共感することが「好き」や「好意」を表現することが多いです。
しかし男性の場合は、反発した意見を言い合うことで仲が親密になることもあるのです。

スポンサーリンク

それは、昔から男性は戦いを好む性質があって刺激が不足していると感じてしまうのです。
ですから、ただ共感してくれるだけでなく、時には辛口の言葉を好む傾向が男性にはあるのです。
女性としては不思議に感じるかも知れませんが、これは「男性の性」ともいえる点なのです。


ですから、男性を虜にするメールテクニックとして、辛口の文章のメールを送って刺激を与えてみるのも良いでしょう。
いつも共感する女性の中で、ピリッと刺激的なメールを送ってく女性がいれば男性はその女性に夢中になるかも知れません。
「優しい女性」より「小悪魔的魅力を持つ女性」に魅かれる男性が多いのです。
刺激的なメールで男性を虜にしてみませんか?

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加