小文字・絵文字を意識したテクニック

スポンサーリンク

あまり意識をすることはないのかも知れませんが、メールの文字には漢字・カタカナ・英字・大文字・小文字・絵文字と様々な種類があるのです。
そして、それぞれの文字には表情があって、相手に与える印象にも違いがあるのです。
このことを少しだけでも意識することで、男性を「ドキッ」とさせるメールにすることができるのです。
つまり、男性を虜にするメールテクニックになるのです。


まず、漢字は真剣さや重さが感じられますし、カタカナは少し軽く感じなられます。
ですから、「馬鹿じゃない」と書くと攻撃的になってしまいますが、「バカじゃない」と書くと嫌味が感じられなくなります。
このように、漢字とカタカナを比較しても大きな違いがあるのです。
つまり、この点を意識するだけでも恋メールの印象は違ってきます。

スポンサーリンク

さらに、先に挙げたように小文字や絵文字などをプラスすることにより、感情豊かなメール文章に表現することが可能になるのです。
単純に文章を作成したメールよりは、文字のテクニックをプラスしたメールの方が男性に強い印象を与えることができるのです。
つまり、強い印象を与えることで、より意識してもらえる効果があるのです。


文字表現・小文字・絵文字を意識したテクニックを上手に活用することで、文章が女性らしく、しかも親しみやすい表現に変えることができるのです。
あと、「ひらがな」で表現した方がしっくりくることも考えられます。
文章内容とのバランスを考えながらテクニックを活用したメールで、男性の心を虜にしては如何でしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加