男性にモテるメルテクを知りたい女性に

恋する脳のメール術

スポンサーリンク

男性と女性の脳の違いについて触れている本がベストセラーになりました。

 

女性はとりとめなく話をするのが大好きですが、男性は反対に、ストレートに結論を求めるため、井戸端会議のようなダラダラした話は大嫌いです。

 

これは右脳と左脳、どちらか強いかという男女の性別の違いによるところが多いようです。


意中の男性に対して効果的な、もてるメールを送るためには、このような男女の生理学的な違いを理解しておくと役にたつようです。

 

「今日は、デパートに買い物に行って、メイク用品を買って〜、ついでにカフェに寄ってお茶したよ。この前の見たい映画は何だっけ?そうそう話題の芸能人が結婚したよね。テレビ観た?」

 

このような話題が次から次へと、飛んでしまう内容は男性にとっては、もてるメールどころではありません。

スポンサーリンク

シンプルにひとつのことを理解したい男性にとって、次から次へと矢継ぎ早に内容が変わるメールは嫌いなタイプのひとつです。

 

少し文章を推敲してみます。

 

「今日はメイク用品を買いに、デパートに行ってきたよ。この前、話していた映画は何だっけ?一緒に見に行きたいね。」

 

これでだいぶ、シンプルな、もてるメールになりました。


テレビの話題は会ったときに話せば良いので、この場合は省きます。

 

好きな男性と映画を見に行きたいという気持ちが十分伝わる内容になりました。

 

的を絞って、思いを伝える内容のメールを書くことは、彼の気持ちをゲットするうえで、とても大切なことです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加