気配りメールもメールテクニックのひとつ

スポンサーリンク

もしかして、男性に対してダラダラと長い文章のメールを送っていませんか?
実はそうした長い文章のメールは、男性には嫌われるということを理解しておく必要があります。
つまり、男性に伝えたい具体的なメッセージを書く必要があって、しかも注意しなければならない重要なポイントがあるのです。


携帯電話のメールを送る場合は、表示画面が小さいため長い文章では下方向にスクロールしなくてはならないため、文章が非常に読みずらくなってしまうのです。
ですから、中核となる文章はできるだけ短くして伝えたいことを端的に書きます。
また、メールを受信する場合、基本的にパケット料金が当然のことかかってきます。
つまり、長い文章では受信するパケットサイズが大きくなってしまい、受診する側に高いパケット料金が請求されることになるのです。
その点を理解して気配りすることも大事です。

スポンサーリンク

あと、画像を少なくするように心がけることも大切です。
メールを送信する場合は、受信する相手のことも気にして、読みやすくて画像の少ない軽いメールを送ることが大切です。
そのほんの少しの思いやりと気配りは、必ず男性にも伝わるものです。


具体的には、メール本文の文字数は、できることなら120文字以内がベストだといえます。
ただ、120文字以内では短すぎると感じるでしょうが、実際は大体のことはこのくらいの文字数で表現できるのです。
好感を持たれるメールは、相手に考慮した気配りメールというのを知っておきましょう。
これも、メールテクニックのひとつです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加