メールの返事が遅くても不安になる必要はない

スポンサーリンク

好きな相手に対して、メールを送って、なかなか返事がないと心配になるものです。
別に、ただの友達などであれば、多少返事が遅くても、それほど気にしないかもしれまえせん。
しかし、惚れた弱みとでもいうのでしょうか。
好きな男性の場合には不安がつきまとうものですね。


しかし、多少メールの返事が遅いからといって、その返事が遅いという事実にやたらとこだわる必要はないでしょう。
男性側にももちろん、さまざまな事情があるものです。
ただ単に仕事が忙しいだけかもしれまえせん。
学生であれば、部活やサークル、アルバイトなどに忙しいだけかもしれません。
あるいは、携帯電話を家に忘れてきただけかもしれません。

スポンサーリンク

深く考えても別に意味のないことなのです。
そして、そうやって、メールの返信が遅いことに対して、深刻になったって、良い事なんてひとつもないのです。
なぜなら、メールの返信が遅いことに対して、深刻に考えてしまうと、焦りを産んでしまうからです。
そして、焦りというのは、失敗をうみます。


たとえば、メールの返事が少し遅いからといって、相手の男性からの返事がないままに、何通もメールを入れてしまったりすることがないでしょうか。
基本的に、自分が返信していないのに、何通もメールがきていると、携帯電話のメール画面を開いた男性は間違いなく、引いてしまうでしょう。
いいかたはきついかもしれませんが、それこそ、「気持ち悪っ」とおもわれるかもしれません。
こうなってしまっては、ほとんど挽回するのは難しいとおもいます。
メールの返事が少しくらい遅くても、焦らず、どーんと構えるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加