話しを最後まで聞くことがメールテクニック

スポンサーリンク

ある医療に関する研究で、医者と患者の会話を何件も録音して、訴えられる医者と訴えられない医者の違いを調べたそうです。
その結果、訴えられた経験があると回答した医者は、平均して15分くらい患者と会話しているのです。
一方、訴えられた経験がないと回答した医者は、平均して18分程度患者と会話していたそうです。
このことから、たった3分でも話しを長く聞くように意識するだけで、相手とのトラブルを減らせるということが分かります。


もし、男性とのメールのやり取りをしている時に、内容にたいして「カチン」ときた時、どのような行動をとりますか?
「とりあえず黙って聞く」「相手に反論する」「半分冗談交じりに反論してみる」、どのタイプに該当するでしょう。
男性とケンカにならないのは「黙って聞く」で、先の話しが恋愛関係にもつながることが理解できるでしょう。

スポンサーリンク

自分の話しばっかりして相手の話しを聞いてくれない人と、自分が話したいことをしっかりと聞いてくれる人では、どちらがモテる女性になれると思いますか?
特に男性はプライドで生きているようなものなので、この点の違いが大きく影響することは確かです。
「まずは最後まで聞く」というのが、男性を虜にするひとつのメールテクニックになるのです。


ただし、男性の意見に反論するなということではありません。
ポイントは「最後まで聞く」ということです。
そうした相手を思いやる気持ちは男性に伝わりますし、それが虜にするテクニックになるのです。
なかなか難しいかも知れませんが、実行してみると良いかも知れません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加