疑問形式のメールは適度な頻度で

スポンサーリンク

男性とのメールをする際には、質問形式のメールを取り入れることが有効です。
なぜなら、疑問文にすることによって、相手の男性は、貴女に対して、メールを返信してくれます。
そして、メールのやりとりがちゃんと続くことは、つまり、会話のキャッチボールをしているということであり、それを繰り返してくことが、より男性と貴女の親密度を上げることになるのです。


しかし、このように疑問文を取り入れて、質問形式のメールをするのも、やたらめったら、していればいいというものでもありません。
貴女は、もし男性から、一回のメールで5つも6つも疑問文が来たらどう思いますか?
正直「なにこれ、めんどくさっ」と思うのが普通では無いでしょうか?

スポンサーリンク

適切な頻度で疑問文は使用するようにしてください。
あまりにも、疑問文を多用し過ぎると、男性に返信するのがめんどくさいと思わせてしまうのが関の山です。
ヘタをすると返事が返ってこなくなってしまうということにもなりかねません。
もともと、メールのやり取りを続けてくために、質問形式のメールを取り入れようということなのに、メールの返信がなくなってしまっては、本末転倒ですね。


良かれとおもってしたことが、思わぬ結果をもらたすこっとになってしまっては、泣くに泣けません。
例えて言うなら、面接形式のようのメールのやりとりになってしまってはいけません。
面接というのは、堅苦しくて、緊張しますよね。
面接のようなメールになってしまっては、嫌われてしまっても仕方がありません。
あくまで、メールは会話を楽しむものであって、疑問文のメールもそれに付随する楽しいものでなければいけません。
堅苦しい面接のような男性を問い詰めるような感じの質問にならないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加