絵文字や顔文字の使い方を工夫する

スポンサーリンク

良く女性は論理的で男性は直感的といわれます。
このことは、正解ではないかも知れませんが、間違いでもないでしょう。
この男性と女性の物事を判断する時の違いを理解しておくと、メールテクニックとして役立つものなのです。


どういうことかというと、直感で判断する男性に対して送るメールは「第一印象が大事」ということです。
相手の男性が読みたくなるような第一印象を与えることが大切になってくるのです。
そこで、活躍するのが「絵文字」や「顔文字」で、男性の想像力を刺激し心に届きやすいメールにすることができるのです。

スポンサーリンク

では、具体的に男性の心をくすぐる絵文字や顔文字の使い方というのは、どのような感じなのでしょうか?
絵文字を入れるポイントですが、単語のすぐ後ろに絵文字を入れる方法と単語そのものを省略して絵文字を使用する方法があります。
単語を省略して絵文字を使うと、男性としては何が書いてあるのか理解できないこともあるので、単語のすぐ後ろに入れる方が無難です。
あと、意味不明な絵文字を使用するのも、「なんだろう?」と男性の好奇心をくすぐる可能性もあるので良いかも知れません。


あまり意識しないかも知れませんが、絵文字を使用する時の色もポイントになります。
寒色系の色は冷たい感じになりがちなので、赤・黄色・オレンジなどの暖色系を使用すると良いでしょう。
そして、プラスアルファで顔文字を1〜2箇所程度に使用すると効果的になるでしょう。
相手の男性の気持ちが盛り上がるように、絵文字や顔文字の使い方をいろいろと工夫することも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加