「狩人」というDNAを巧みに操る

スポンサーリンク

ここ数年女性が強くなる一方で、男性が軟弱になっているような感じがあります。
そのためなのか、女性は「肉食系女子」が増えて、男性は「草食系男子」が増えているといわれています。
このように、昔と今では恋愛の駆け引きが変わってきているように感じられますが、一概にはそうともいえないのです。
実は、男性は太古の昔から男としてのDNAを受け継いでいるので、そのことを無視して強引に女性のほうから迫るのは逆効果になることもあるのです。


つまり、どんなに見た目や性格が弱い男性であっても、「狩人の精神」というものが心の奥深くに隠されています。
そのため、男性は女性を追っかけてモノにしなければ、満足できないという動物といえるのです。
ですから、メールのやり取りも小悪魔のテクニックとして、実質の主導権が女性にあっても、表面上は男性に主導権があるように見せかける必要があります。

スポンサーリンク

その点を心得ておいて、シンプルでありつつも少し気があるようなメールを送ると男性の心を刺激して意識させるのです。
あまり最初から強引なメールは、狩人の男性にとっては欲求不満を感じてしまうので、様子をみることが大切です。
ただ、押すことも必要なことで、少し押した後は引くというようなバランスが大切です。


このようなメールテクニックを使用することで、男性は兎を追っかけて矢で仕留めたいという狩人の感覚になり、何とかモノにしたいと徐々に気持ちが高まってくるのです。
一本調子に攻めるだけではなく、押しと引きを織り交ぜながらメールすると良いでしょう。
そうすれば、男性の心はあなたの虜になるかも知れません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加