男性は直感で物事を考える脳?

スポンサーリンク

ご存知の方も多いと思いますが、人間は情報処理するために左脳と右脳を使っています。
そして、左脳と右脳とでは役割が違います。
左脳の役割は、文字や数字などを読み取り、その情報を論理的に整理し体系化して処理します。
一方、右脳の役割は五感から感じ取った情報を直感的なイメージで処理をするのです。
このような役割の違いがあるために、「左脳が論理的」「右脳が直感的」といわれるのです。
そして、人はそれぞれの脳をバランスよく機能させることで、様々な情報を処理しているのです。


何をいいたいのかと不思議に感じたでしょうが、実はある研究で「女性は左脳優位」「男性は右脳優位」で考える傾向があるというのが解明されてきたのです。
つまり、女性は理屈で物事を考える脳で、男性は直感で物事を考える脳である傾向が強いということです。
この女性と男性との違いを理解しておくことが、意外にもメールテクニックに役立つのです。

スポンサーリンク

どういうことかというと、「男性にウケるメールは第一印象が大切」ということです。
文字を使って伝えるメールですから、中身が大切と考えている人も多いことでしょう。
しかし、文字だけビッシリと書かれた長文メールを読む気がするでしょうか?
特に、男性ならどうでしょう。


つまり、先ほどの話に通じることですが、男性は直感で考える傾向が強いため文字だけの情報を処理するのは苦手と考えられるのです。
ですから、文字だけの長文メールを読むことを避けてしまうのです。
相手に読んでもらえないメールを送っても、当然のこと意味がないのです。
「男性にウケるメールは第一印象が大切」ということを意識して、読んでもらえるメールを送ることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加