男性にモテるメルテクを知りたい女性に

メールアドレス使い分け術

スポンサーリンク

コミュニケーションというものは、人間関係を円滑にするために重要なものです。
そして、とりわけ、男性から好意を抱いてもらえるような女性になりたいのであれば、コミュニケーションを上手にとれるということは、とても重要なものです。

 

合コンなどの機会のときに見ていると、たいていの場合、男性から声をかけられる、ひいては男性にもてる女性というのは、コミュニケーションの上手な社交的な女性です。

 

どんなに美しい女性であっても、つんっとして誰とも会話すらしようとしないようなガードが固い女性だと男性は敬遠してしまいます。


男性とのコミュニケーションの機会は、対面しての会話だけではありません。
携帯電話やパソコンでのメールというものも重要なコミュニケーションツールです。

 

今後、関係を発展させていきたいとおもうような相手には、メールアドレスを教えてというのが通常です。
ですから、別に人に教えても問題のないメールアドレスを普段使いのアドレスとは別にもう一つ持っておくということも必要です。

 

そうすれば、教えるのを断って、変に雰囲気を壊すようなことにもなりませんし、その後のメール次第では、恋人の有力候補に発展していくこともあるかもしれません。

スポンサーリンク

たとえば、女性の場合、よくすると思うのですが、自分の名前と彼氏の名前を両方いれたようなアドレスにしている場合もあります。
別に、浮気をするとかではなく、別れた相手でもただちにアドレスを変えられていなかったこともあるかもしれません。

 

そのような場合、本当の自分のアドレスを教えてしまうと、相手の男性は引いてしまうでしょう。
そして、よっぽど懐の広い男性でないかぎりは、その後の関係に発展は見られないでしょう。

 

メインのメールはやはり普段使っている携帯電話のメールアドレスだという人が多いでしょうから、もうひとつ別に持つメールというのはパソコンのメールになるケースが多いと思います。


しかし、ここで、ヤフーなどのいかにも無料のフリーメールだとわかるようなものは避けて、あえてプロバイダで取得したメールを使用して、教えると良いでしょう。
プロバイダのアドレスであれば、複数持てることが多いです。

 

もし、その男性とは連絡を継続したくないようなことになれば、そのアドレスは捨ててしまえばそれですみます。

 

にもかかわらず、プロバイダのメールアドレスであれば、いかにもフリーメールとわかるようなものよりも信頼性がありますので、男性の気持ちをなえさせることもないでしょう。

 

ちなみに、携帯のアドレスではなく、パソコンのアドレスを教える場合、
「私、携帯打つの遅いから、パソコンのアドレスでいい?」
とでもいえば、自然にサブのアドレスを教えることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加