メールの文中で男性のことをニックネームやあだ名で呼ぶ

スポンサーリンク

好きな男性とメールをするときに、相手の男性のことをアダ名やニックネームで呼ぶことは、仲良くなるためにとても有効なことです。
人間は、男女問わず、親密度合いによって、それぞれの段階にふさわしい呼び方をしているものです。


ただの知り合いであれば、
「〜さん」や「〜くん」と呼ぶにとどまるかもしれませんが、
やはり、友達関係などより親密な関係になってきたら、
「〜ちゃん」とか「〜っち」などといったようなあだ名やニックネームで
呼ぶのが通例です。

スポンサーリンク

ですから、これを逆に利用して、ニックネームやあだ名を呼ぶようにすれば、相手の男性ともより親密になれるのです。
メールの文章というのは、後で見返すことができますから、適度にメールの文面の中に、相手のニックネームやあだ名をいれていくと、相手の男性に対して、貴女のことをより印象付けることができるでしょう。


そして、相手の男性は、ニックネームやあだ名でよんでくれる貴女のことを「もしかしたら、俺に気があるのかな」となんとなくでも思うかもしれません。
相手のことを好きな気持というのは、いきなり告白して伝えるよりも、少しずつ、いわばボクシングのジャブのように、小出しで伝えていくほうが、成功確率は上がります。
そして、意中の男性のことをあだ名やニックネームで呼ぶということは好意を小出しにして、伝えていくという意味でも、とても有効なことなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加